田中クリニックTOP

過換気症候群

みなさん、こんにちは、院長の田中です。
4月は後半から気温が上がり、夏日の日がありましたが、日中は暑くなっており、朝晩の温度差で風邪をひかれたり体調を崩された方の受診が増えております。衣服で上手に体温調節をはかってください。
4月下旬でもまだインフルエンザは発症しており終息はしておりませんのでひき続き注意は必要です。

今回の特集は過換気症候群です。精神的な要因のある人に多いのですが、たとえばコンサートで興奮して息を弾ませているうちに過換気となり、息苦しくなるというケースも報告されており健常人でも起こりえるのです。
あまりにも息苦しく、死ぬのではないかという恐怖体験から、予期不安が生じ繰り返す場合がありますので心療内科的アプローチが必要な場合もあります。
発作時の処置などを掲載しましたので参考にしてください。


過換気症候群とは?

過換気症候群とは
  • 突然あるいは徐々に息が苦しくなる
  • 胸の締めつけ感
  • 手足や唇のしびれ
  • 全身のふるえ
  • 頭痛やめまい
  • 意識消失

上記の症状を繰り返す心身症の一つです。呼吸が速く浅くなって、空気を吸い込みすぎる状態になり、血液中の二酸化炭素が少なくなって起こります。
二酸化炭素が減ると血液がアルカリ性に傾き、筋肉のけいれん、しびれなどの症状が現れます。
※心身症とは…精神のバランスを崩し、身体にも症状が出ることをいいます。
発作自体は約30~60分程度で自然に軽快していきます。しかし、「死ぬのではないか」という不安の強い人では数時間続くことがあります。
決して死ぬことや後遺症を残す事はなく、どんなに強い発作でも時間とともに必ず軽快していきます。
苦しいから息を吸おうとしますが、それは逆効果です。あせらず、まず気持ちを落ち着かせましょう。そして、呼吸を落ち着かせましょう。


発症の原因は?

過換気症候群は主にストレスや不安が原因で起こりやすくなります。
心理的緊張、怒りなど気分を興奮させる状況で生じやすく、過労、寝不足、風邪による発熱でも発症は助長されます。


診断

発作時に、動脈の血液検査で、身体の中の酸素の量と二酸化炭素の量を病院で調べてもらいます。
発作時には血液中の二酸化炭素が少なく、逆に息苦しいのですが酸素は高くなっています。
また、血液がアルカリ状態になっています。そして、その状態を説明できる身体的異常が特定できない場合、診断されます。

ストレス以外で起こる過換気

脳や肺の病気、ホルモンの異常などが原因で起こる過換気もあるので要注意
  • 胸の圧迫感や痛み⇒肺塞栓、心筋梗塞
  • 頭痛⇒脳出血、くも膜下出血
  • 糖尿病や腎臓病⇒糖尿病性腎症

治療

以前はペーパーバック法といって紙袋を口にあて、吐いた空気を再度吸い込む方法が一般的でした。
しかし最近は、ペーパーバック法は危険な場合もあるということであまり薦められていません。

危険な理由

  • 過換気の原因が重篤な病気である可能性もあり、その場合は死亡させる危険もある
  • 二酸化炭素そのものが、不安を助長させる可能性がある
  • 低酸素を来たし、死亡させた報告もある

過呼吸の正しい応急処置

  1. 呼吸のリズムを整えてあげる
  2. 吐くことに意識「吸う:吐く」=1:2
  3. 1回の呼吸で10秒くらいかけて吐く。(吐く前に1~2秒くらい息を止める)
  4. 胸や背中をゆっくり押す(速くなった呼吸を整えるため)

不安が強すぎるために自分の努力や工夫だけでは発作がなかなか治まらない場合には、精神安定剤の注射がよく効きます。
しかし、病院(注射)ばかりに頼っていては、自力で発作を抑えるコツがつかめないという事態になってしまいます。
軽い発作であれば「来たな!よし!」という心構えで、不安なことは考えないようにしましょう。
過換気発作が頻繁に起こる人には、予防的に抗不安薬を毎日服用することが必要です。
腹式呼吸法を習得したり自分に合ったリラックス法を見つけて下さい。(例えば…癒しの音楽を聴く、お風呂に入る、アロマ、ストレッチやヨガ、好きな飲み物を飲むなど)
また、心理的葛藤やストレスが原因となっている時には、これらを解決するような心理療法が必要ですので心療内科を受診してください。


日常生活の注意

日頃からストレスをたまらないように、生活の中でちょっと肩の力を抜いてみる、趣味などで気分転換を図ることが大切です。
不安があれば心療内科などの専門家に相談してください。


最後に…

当院でも過換気症候群の診療をしております。
必要があれば心療内科への紹介も行っておりますのでご相談ください。

コメント(0)


お気軽にコメントをお寄せくださいね。

コメントを投稿


トラックバックURL

トラックバックURL:http://cl-tanaka.com/topics/kokyuki/%e9%81%8e%e6%8f%9b%e6%b0%97%e7%97%87%e5%80%99%e7%be%a4.html/trackback


コメントRSSフィード

コメントフィード

ページの一番上に戻る