田中クリニックTOP

肺気腫

みなさん、こんにちは、院長の田中です。
10年前の7月5日にクリニックを開業しましたのでちょうど10周年を迎えることになります。10年というと長いようですが、私にとってはあっという間のように感じております。無事10周年を迎えることができたのは皆さんのお蔭と感謝しております。
クリニックに関してもしお気付きの点などありましたらご意見をお願いいたします。改善すべきことがあれば善処したいと思っております。

さて今回の特集は肺気腫です。
喫煙者に多いこの病気、進行するとかなり苦しいですし、生活に支障が出ますので早期発見が重要となってきます。息苦しいのは年のせいだと見過ごされているケースが多いようです。
この病気を治すことはできませんが、進行を遅らせたり症状を緩和することはできます。院長は専門分野ですので気軽にご相談ください。


肺気腫ってどんな病気?

気管支の先にある肺胞が炎症によって壊れてしまい、少しずつ空気の通りが悪くなります。
その結果、風船の弾力が無くなって伸びきった様に、肺が膨らんで縮みにくくなり、空気を十分に吸い込んだり、吐きだしたりすることが出来なくなる病気です。

正常な肺と肺気腫の肺

肺気腫の症状は?

主に動いた時の息切れ、咳、痰です。
慢性の咳や痰は50代以上に、動いた時の呼吸困難は60歳以降でみられる事が多いです。
時間をかけて徐々に進行するため、治療を怠ると外出出来なくなり、入浴や洗面なども息苦しくて出来なくなってしまいます。


肺気腫の原因は?

最も多い原因は喫煙です。
ほとんどの方が1日20本、20年以上の喫煙をしています。
他には職業上の塵埃、化学物質、大気汚染、遺伝等があります。


肺気腫の診断

1.胸部画像所見(胸部レントゲン、胸部CT)

肺の過膨張を確認します。肺が柔らかくなり弾力がなくなっている状態、伸びたゴム風船のイメージです。

2.呼吸機能検査

1秒間に吐き出される息の量(1秒量)を調べて気管支の開き具合を見ます。肺気腫によって気管支がせまくなると1秒量が減ります。

3.動脈血採血検査

肺で酸素と二酸化炭素の交換や空気の入れ換えがうまく出来ているか調べます。
空気の入れ替えがうまくいかず、多くの二酸化炭素が体内に残ってくると頭痛、震戦(手の震え)、傾眠(日中うとうと眠ってしまう)を引き起こすことがあります。


治療は?

もとに戻ることはありませんが、進行を遅らせ症状を軽減する事が出来ます。

  1. 第一に禁煙する事が重要です。当院では禁煙外来にて保険診療で行っております。ご希望の方はご相談ください。
  2. 感染により増悪しやすいので、毎年インフルエンザワクチンを接種することが推奨されています。

薬物療法

気管支拡張薬や炎症を抑えるステロイド薬を使います。貼り薬や飲み薬もありますが、主に吸入薬を使います。

呼吸リハビリ

腹式呼吸を行い、息を吐く時には口をすぼめ呼吸をすることで呼吸が楽になります。
当院では外来受診時に看護師が呼吸リハビリ指導を行っております。

酸素療法

薬物療法を行っても息苦しさが続き、食欲が落ち、眠れない等生活に支障をきたす場合に行います。
鼻カニューラという管を鼻につけ、常に酸素ボンベを持ち歩けば、外出や旅行も可能です。保険が適応されます。

在宅人工呼吸療法

上記の治療を行っていても起床時の頭痛がしたり、睡眠はとれているのに疲労感を感じたり、高二酸化炭素血症、呼吸困難、体重増加、下肢の浮腫等がある場合、人工呼吸器『鼻マスク』を使い横隔膜の負担を減らし、疲労を防ぐことで息切れや、睡眠の改善、生活の質の改善に繋がります。
保険が適応されます。


最後に…

この肺気腫という病気を治すことはできません。
ただ、進行を遅らせたり症状を緩和することはできます。
田中クリニックでは、肺気腫は専門分野となりますので、どうか安心してご相談ください。

コメント(38)


2015年12月18日

夫が肺気腫で治療をうけています。生活するうえできをつけることをおしえてください。夫は頑固者です。

投稿時刻 08:05 | 荒よし子

2015年12月20日

喫煙はされていませんね。受動喫煙も良くありません。
風邪を引かないように気をつけて下さい。
肺気腫の方は進行すると痩せていきますので、タンパク質をしっかり摂取して下さい。
息苦しいからと言って動かないのは呼吸筋力の低下に繋がります。適度に運動しましょう。これからの時期は寒くて出にくいですから、自宅で簡単にできるのがラジオ体操です。

投稿時刻 09:52 | 院長 田中

2016年3月1日

脳血管への影響はありますか?あたまがいたいのですがーー。

投稿時刻 12:32 | 脳血管への影響はありますか?

2016年3月1日

脳血管への影響はありますか?頭が痛いのです。髙橋

投稿時刻 12:34 | 脳血管への影響はありますか?

2016年3月5日

肺気腫で頭痛がすることで一番考えられるのは炭酸ガスが上昇することに由来します。
脳圧があがるのです。ただこういう状態になるのは呼吸不全になった場合ですのでかなり進行しているのでしょうか?

投稿時刻 00:26 | 院長 田中

2016年6月27日

47才 男 喫煙 8年 1日10本程度です

タバコを吸うと、
胸 心臓辺りに圧迫感があります。
どうしたらいいかいいですか?

ちなみに、うつ病と診断されています

投稿時刻 10:51 | 野澤

2016年7月12日

返信が遅くになり申し訳ありませんでした。

うつ病とは関係なく器質的疾患の有無を調べるべきでしょう。肺気腫よりも狭心症など循環器疾患を疑います。専門医を受診してください。

投稿時刻 13:56 | 院長 田中

2016年11月5日

田中先生の欄を見つけました!今、治療している病院は専門ではなく、主人がだんだん呼吸困難になっても、様子を見ましょう!だけです。そちらに伺いたいです(_ _)

投稿時刻 21:04 | 安達すみえ

2016年11月5日

安達さんへ
通院可能な距離でしたらどうぞお越しください。遠いようでしたらお近くの専門医を調べてご紹介できます。

投稿時刻 22:35 | 院長 田中

2018年1月18日

初めまして父親が肺気腫と言われて ずーっと通院していますが 様子を見ましょ~といつも言われ何も変わりません。
先生のところに行きたいのですが遠方のため もし良ければ近くの病院で肺気腫をよく見てくれる病院があれば教えていただきたいのですが…
岡山県笠岡市です

投稿時刻 11:35 | 中村

2017年1月25日

非喫煙者ですが健康診断のX写真の所見で精密検査と言われCTを撮りました。その結果2ミリ程の厚さで1センチ程度の黒い影が見つかり先生からは判断できないので6か月後に再度CTを撮って判断すると言われています。一般内科の先生の診断なので心配ですが、6か月後のCTをするのか呼吸器の専門医に診てもらおうか迷っております。ご意見をいただければ幸甚です。

投稿時刻 16:55 | 大渕

2017年1月28日

大渕さんへ
実際にCT所見を見ていないのでコメントができませんが非専門医の先生が良性だと思われても悪性の場合がありますので、呼吸器専門医に診てもらったほうが良いと思われます。6か月ではなくもう少し短い間隔でCTをとる場合もあります。

投稿時刻 00:31 | 院長 田中

2017年4月10日

70歳男性.18歳より喫煙5年前に軽度の肺気腫と診断、CTでないと解らないX-P検査とか肺機能検査は正常値の範囲内である、昨年の右上葉に肺癌との診断の為、右上葉の切除と気管支の廓清を行う、手術の後遺症だか肺気腫のせいだか解らないが現在も右の肺の部分が痛む。また痛みが無い時は呼吸がし難いと言う感じの時が有る、酸素飽和度は96~98%位の間である。現在の症状は肺気腫のせいか?それとも肺癌の手術の後遺症が原因か?尚、肺がんはステージ1B、TNM分類はT2aN0M0であった、癌の大きさは18mmで有ったが胸膜浸潤が有った為にT2aとなる。肺気腫に対しては特に治療はしてない。

投稿時刻 18:25 | 電電虫

2017年4月13日

電電虫さんへ

文面からは痛みの原因は肺気腫ではなく術後の後遺症であると思われます。肺気腫の主症状は労作時呼吸困難ですので痛みは違います。呼吸しがたいときがあるので、安静時であれば肺気腫とは考えにくく、労作時であれば関与しているかもしれないが酸素飽和度は大丈夫です。
肺気腫に対して治療がされていないのは症状が軽いからか画像や肺機能が軽症のためと考えられますが、初期から吸入療法をしておいたほうが良いと思われます。

投稿時刻 00:17 | 院長 田中

2017年6月26日

85歳の女性です。肺水腫と言われ、SPO2が88~90%と言われ自宅酸素療法が必要と言われました。必ず自宅酸素療法が必要でしょうか?

投稿時刻 13:07 | 匿名

2017年7月1日

返事が遅くなりすみません。肺水腫はおそらく心原性(心不全)と思われますので一時的にでも酸素吸入と安静で改善すればまた酸素は要らなく可能性もあります。
主治医の先生の指示でよいと思われます。

投稿時刻 22:04 | 院長 田中

2017年7月3日

田中先生、
38歳女性、喫煙歴は20歳から10年ほどで禁煙歴8年です。先日人間ドックでCTを受けた際、軽度肺気腫との診断を受けました。精密検査の必要はないと言われましたがあまり納得しておりません。
9歳か10歳の時に間質性肺炎を患いましたが、その時に肺胞が破壊された可能性はありますでしょうか?肺気腫と言われてから、ショックで夜もあまり寝れません。
肺機能検査は正常で、毎日ジョギングしてます。
お忙しい中恐縮ですが、ご回答いただけますと幸いです。

投稿時刻 20:43 | ゆか

2017年7月10日

幼い頃、父親がヘビースモーカーで、タバコを1日40本位、昔なので、子供の前でも平気で吸っていました。父は自営業だったので、私が子供の頃、家にいる時はいつもタバコの煙を吸っているような状態でした。

私は今、50代、レントゲン撮影で、少しですが、肺気腫らしい所見があるようです。肺機能検査では、少しだけ低めです。私は全くタバコを吸いません。息切れ、息苦しさ、少し咳も出ます。痰は風邪をひいた時だけです。

肺気腫の可能性がありますか?肺気腫は、タバコを吸っていなくても病状が進んでいく病気らしいですが、もし肺気腫なら、私はどうなりますか?

よろしくお願いいたします。

投稿時刻 13:44 | 匿名希望

2017年7月12日

受動喫煙でも肺気腫の発症リスクはありますが、現在の症状、肺機能が肺気腫によるものかは画像、データをみないとコメントできません。
非喫煙者で肺気腫だとしても急速に進行することはなく、健常者よりも加齢に伴う肺活量低下が少し多い程度だと思われます。
肺気腫で息切れがあるなら今のうちから吸入療法で治療を開始されたらよいと思われます。

投稿時刻 00:30 | 院長 田中

2017年7月15日

7/3に書き込みされたゆかさんへ

見落としており、後に書きこまれた方の返事はしたのですが、うっかりしておりすみませんでした。

単純写真や肺機能ではわからない程度の所見でもCTではわかる場合があります。ですから初期なのだと思います。

間質性肺炎は肺胞壁が飛行する病気であり、肺気腫の肺胞破壊とは違いますので関係はないと思われます。

すでに禁煙されており、今後通常の生活に支障が出ることはないレベルであると推察します。ご心配ないようにしてください。

投稿時刻 13:59 | 院長 田中

2017年7月19日

肺気腫のステージを教えてください。

投稿時刻 20:39 | saitou

2017年10月28日

始めまして、北海道の田舎で診療所の受付をしております。
先日、50代の男性で、肺気腫と診断された患者様が
「肺気腫という病気がどういう病気がわからない、じっとしていれば症状は出ないのに、動くと息が上がってしまう。
あえて動いて症状を出した方がリハビリになるのではないか?
このままでは会社をクビになりそうでいてもたってもいられない。」
と、診療所に来られました。
診療として、医師から説明してもらいました。
患者様は、領収書を眺めながら、なにも言わず帰られました。
この方は、息が上がるという症状をあえて出した方が治りが早いのでは?と期待を持っている様で、この特集を読んで治ることはない、という事はわかりましたが、あえて症状を出すという行為が、どんなリスクがあり、また良い面があるのか、個人的に知りたくてコメントさせて頂きました。
直接医師に聞いたら不機嫌になりそうで聞けなくて、ネットで色々見ていたら、こちらのサイトに廻り合いました。
恥ずかしながら、受付をしていると言っても、医療には全くの素人です。
ご教授頂けましたら幸いです。
宜しくお願い致します。

投稿時刻 21:41 | 奥村

2017年10月30日

奥村さんへ

肺気腫は治りませんが症状を改善することはできます。薬物療法以外に運動療法があります。
これは呼吸リハビリの一環ですが、苦しいからと言って安静にしていてはやせてしまいますし、
呼吸筋力が衰えてますます息苦しくなります。

症状をあえて出したほうがよいかという質問ですが、症状が出にくいように運動することが大事で、無理はよくありません。症状が出ると休む必要も出てきますが、休まなくても続けれるだけ続けれるように運動することが大事です。

特に高齢者では下肢の筋力を増強させることが重要視されています。歩く量が減ると一気に体力が低下し、呼吸筋力にも影響が出ますので息苦しくなります。歩くのはいいことです。

リハビリの結果、どの程度改善したか、どこまで運動すると症状が出るのかを確認するためにあえて症状をだす運動は意味があると思います。

参考にしてください。

投稿時刻 14:23 | 院長 田中

2017年11月1日

細かく、分かりやすくご説明頂き、有り難うございます。
とても参考になりました。
私のいる地域で、呼吸リハビリについては実施している医療機関があるかどうか(当院では行っておりません)調べてみないとわかりませんが、田中先生の仰った事を患者さんにお伝えしたなら、とても納得と満足をして頂けると思います。

患者さんの辛そうな訴えやな納得いかない表情を見ると、いつももどかしい思いをしておりました。
お忙しい中、返信下さり有り難うございました。

投稿時刻 21:53 | 奥村

2017年11月28日

先日職場の健康診断で肺気腫の疑いと診断されました。今の所、息切れ、動悸、咳きなどの症状はないのですがもう一度検査を受けた方がいいのでしょうか?
主人が心配してすぐにでも検査に行くように言うのですが。

投稿時刻 20:37 | 浩美

2017年12月3日

浩美さんへ

恐らくレントゲン所見で肺が大きく見えたので肺気腫と所見をつけられたのではないでしょうか?
もともと肺活量がある、例えばスポーツ選手、吹く楽器奏者などでは健常人に比べて肺が大きくなっており誤解されやすいのです。レントゲンしか見ていないとこういう間違いが生じます。

問診、聴診などの診察が加われば違うことはわかるのですが・・・・

ただ肺気腫を否定するためには肺活量の検査をうければすぐにわかります。
産業医がいる会社でしたら相談されるとよいでしょう。

投稿時刻 15:03 | 院長 田中

2017年12月9日

そちらのクリニックでも診療して頂けるのでしょうか?

投稿時刻 09:13 | 浩美

2017年12月9日

本日は診察ありがとうございました。
肺気腫の結果が問題無いと言う事で主人も安心しています。

投稿時刻 11:26 | 浩美

2017年12月10日

わざわざお礼の投稿ありがとうございました。安心していただけて良かったです。

投稿時刻 12:28 | 院長 田中

2018年1月18日

肺気腫と咳喘息と診断され呼吸器内科に3年位受診したが、ある時風邪で受診したら咳喘息ではなかったので、看護師、先生も迷惑そうな対応されてしまいました。風邪を引いたら内科の言ってもよいのでしょうか!困っています。

投稿時刻 00:09 | ホウキミヨコ

2018年1月18日

呼吸器内科に肺気腫と咳喘息の疑いで3年位通っていましたが、風邪を引いてしまい通院したら咳喘息ではなかった為迷惑そうな扱いされ別の病院に変える予定ですが、風邪を引いたら内科にいけばよろしいのでしょうか、疑問です。

投稿時刻 00:16 | ホウキミヨコ

2018年1月22日

風邪でしたら一般的な内科でよいと思いますが、呼吸器疾患で疑いであっても治療を受けていたのですから、私の医院では風邪の診療もしています。

今かかられている病院は患者さんが多く、風邪は近くで診てもらってほしいのが本音だと思います。

投稿時刻 08:47 | 院長 田中

2018年1月22日

笠岡市の中村さんへ

市民病院内科部長高田先生が呼吸器専門医ですので受診してみてください。

投稿時刻 08:49 | 院長 田中

2018年4月7日

 お忙しい所申し訳ありませんが、ぜひ先生のご意見・アドバイスをお願いしたいと思います。
86歳で認知症のある母です。慢性呼吸不全、低酸素症、慢性心不全、心臓弁膜症等があり、
去年の初夏頃から持続酸素療養をしています。
 最近 肺のCTで、去年のCTと比べると 影があり できものができていて、癌の可能性が高い
と呼吸器専門の先生から、言われました。癌かどうかハッキリさせる為には、気管支鏡か経皮的に皮膚を
穿刺して組織検査をする必要がある、と言われました。が、そのどちらもリスクを伴って危険(気管支鏡は、呼吸が耐えられるかどうか、経皮的穿刺は、気胸にある恐れがある)。
治療は、抗がん剤、放射線、手術があるが、抗がん剤は、副作用があり、放射線は、間質性肺炎もあり急に
悪化するかも知れない、手術は、肺を広範囲に削除するため、ますます呼吸が悪くなるかもしれない、と言われました。でも今後どうするか、返事を来週までに下さい、と言われました。
このまま経過を見ても、検査や治療をしても、どちらが長生きするか、わからないと言われました。
母の命をかけた非常に重い選択で 悩み苦しんでいます。
母には、痛み苦しみがなく、一日でも長く生きてほしいと思います。
どうか先生のアドバイスをよろしくお願いいたします。

投稿時刻 04:51 | 匿名

2018年4月8日

お母様のこと、心配ですね。

高齢ですので、診断、治療ともにリスクを伴います。
癌として治療するのであれば、組織診断をする必要があります。組織型によって治療法が異なるからです。気管支鏡も経皮肺生検も危険と思います。

従って診断が難しいので治療もできません。というのが私の意見です。
もし診断がついたとしても、副作用でかえって苦しむのではないかと思います。

去年に比べてサイズが大きくても肺に限局していて転移していなければ予後は望める場合があります。無理をされないほうが良いです。

もし癌だったら治療をするのか、直接お母様に聞いてみてはいかがでしょうか?本人は認知症があり判断できないのであれば仕方がないです。

医療者としてはがん治療をする以上告知が前提となっております。なしでする場合もありますがよくご相談ください。

投稿時刻 16:22 | 院長 田中

2018年4月9日

お忙しいところ、早速のご返事ありがとうございました。
貴重なアドアイスを頂き、参考に致します。

投稿時刻 05:03 | 匿名

2018年4月17日

はじめまして、29歳の男性です。
突然のご質問で大変恐縮ですが、悩んでおり、お手すきの時で構いませんので、ご返信頂ければ幸いです。

本日総合病院にてCTで胸部を撮影し、黒いのが2箇所ありました。肺気腫と診断されました。肺活量等の検査はしておりません。肺気腫は全体の1%程とのことでした。禁煙をお勧めしますと言われ、薬はなく診察は終了しました。

症状は咳、痰、喉の痛みに約3週間ほど悩まされましたが、1週間前には治りました。
今現在は特に息切れや咳で悩んではいませんが(1日に数回は咳、痰は出ますが微量です)、本日からタバコも禁煙し、何とか病状を進行させたくないと考えています。

上記を踏まえた上でご質問ですが、

・進行型の病気とネットで見ましたが、禁煙をしても、これから病状が進行し、日常生活が苦になっていくのでしょうか?

・インフルエンザや風邪になると急性増悪するとネットで見ましたが、いきなり薬や酸素ボンベが必要な状態まで悪化するものでしょうか?
生きていれば風邪をひくことはあるので、すごい神経質になってしまいます。

・飲酒もしてはいけないのでしょうか?

・次どれくらいの期間で進行度合いの検査を行ったら良いのでしょうか?

メールにてご質問大変恐縮ですが、ご教授頂ければ幸いです。
何卒よろしくお願い致します。

投稿時刻 19:06 | 29歳男性

2018年4月22日

29歳、喫煙者で肺気腫とは考えにくいです。2か所しか気腫性病変がないのであれば通常肺気腫とは言えません。その2か所も気腫ではなくのう胞かもしれません。

すでに禁煙されたのであれば進行はしませんし、いきなり呼吸状態が悪くなることもあなたの年齢では考えられません。

心配は無用、飲酒も可能です。

投稿時刻 19:04 | 院長 田中

コメントを投稿


トラックバックURL

トラックバックURL:http://cl-tanaka.com/topics/kokyuki/%e8%82%ba%e6%b0%97%e8%85%ab.html/trackback


コメントRSSフィード

コメントフィード

ページの一番上に戻る