田中クリニックTOP

帯状疱疹

みなさん、こんにちは、院長です。
11月になりました。急に肌寒くなり、冬がすぐにでも到来しそうな気配を感じます。今年の夏は猛暑でしたが冬は厳冬になるとのこと。風邪もかなり流行ってきており、クリニック受診患者数が急増しております。手洗い、うがいで風邪の予防をしっかりしていただき、これから流行するインフルエンザにもワクチン接種で予防しましょう。クリニックではインフルエンザワクチン接種を行っております。在庫は十分あり予約は必要ありません。
今月の特集は帯状疱疹を取り上げます。
以前に「熱のはな」を取り上げましたが、近いウイルスによる感染症で健康な人にでも発症しますので参考にしてください。


帯状疱疹発症のメカニズム

帯状疱疹の原因は、水ぼうそう(水痘)ウイルスです。
水ぼうそうに一度かかると、治癒したあとも体内から完全に除去されず、その一部は神経節に潜んでいます。
何年もたってから再び活性化して発疹ができるのです。
水ぼうそうにかかったことがある人なら誰にでも発症する可能性があります。


水ぼうそうウイルスが再度活性化する原因

免疫力が低下してウイルスの抗体が弱まった時です。免疫力が低下する要因としては

  • 疲労やストレス
  • 加齢
  • 悪性腫瘍、自己免疫疾患などの病気
  • 手術は放射線治療後
  • ステロイドや免疫抑制剤を投与されている


帯状疱疹の症状

帯状の赤い発疹や水ぶくれができます。通常痛みを伴い、神経に沿って発疹が出現します。


発症の経過 1→5の順に変化する

  1. 神経に沿って体の左右どちらか一方に痛みを感じる(発疹出現前)
  2. 数日~1週間くらいでその部分が赤くなる
  3. 透明の水ぶくれができ、次第に濁って黄色くなる
  4. 1~2週間で黒褐色のかさぶたになり、2~4週目でかさぶたがとれて治癒する
  5. 痛みは発疹消失に伴い消えるが、その後も神経痛が残る場合がある


痛みの性状は?

痛みの感じ方は人それぞれで、チクチク、ピリピリ、ズキズキなど表現は様々です。
かゆみを伴ったり、しびれを感じる人もいます。衣服が擦れると痛くて我慢できないくらいと訴える人もいます。


帯状疱疹の合併症

目に感染すると、角膜炎を起こして視力障害が生じます。目の周りの発疹は触らないこと、目をこすらないように気をつけましょう。目の近くに出現した場合は眼科受診をしましょう。
耳の周囲にできた場合は、難聴や顔面神経麻痺が出現することがあり、これをラムジーハント症候群と言います。症状があれば耳鼻科を受診しましょう。


帯状疱疹の治療は?

診断されたらすぐに抗ウイルス剤を投与します。軽症の場合は通院で内服薬、重症なら入院して点滴治療となります。内服でよく使われるのは、ゾビラックス、バルトレックスというお薬です。
通常1週間内服します、発疹出現後48時間以内に開始した方が良いとされています。効果出現まで2~3日かかります。


人に感染しますか?

帯状疱疹としてうつる病気ではりません。しかし水ぼうそうにかかっていない人には、水ぼうそうとしてうつることがあります。小さなお子さんには接触しないような注意が必要です。


日常生活での注意は?

帯状疱疹にかかったら、休養をとり安静に過ごす方が良いでしょう。ストレスは治療を長引かせます。入浴はびらんや潰瘍があるときは避けた方がいいですが、それ以外では問題ありません。患部を強くこすらないように気をつけましょう。


帯状疱疹の予防法

水ぼうそうのワクチンによってある程度予防できますが、費用は保健適応外ですので実費となります。ワクチン接種で抗体を強化し帯状疱疹の発症を予防します。もし発症しても軽症で済みます。


帯状疱疹後神経痛

皮膚症状が良くなっても痛みだけが長期間持続することがあります。これはウイルスが知覚神経に強いダメージを与えてしまし起こるものです。
治療に通常の鎮痛薬は効かないことが多く、痛みに対する感受性をコントロールする働きのある抗うつ薬、神経ブロックなどがあります。最近リリカという神経痛に有効な薬が登場しました。また漢方薬でも改善したケースを私は経験しております。


帯状疱疹は何科で診療していますか?

帯状疱疹は内科疾患でかかっている時によく見られますので、内科医はたいてい治療できると思います。ただ典型的でない発疹では診断に迷いがあり皮膚科に紹介することもあります。かかりつけ医がない場合は皮膚科受診でよいでしょう。
帯状疱疹後神経痛では麻酔科やペインクリニックでも治療できます。


最後に…

帯状疱疹はだれしもがかかりうる感染症です。
痛みのあと、水疱を伴う発疹が出現したら48時間以内に医療機関を受診しましょう。当クリニックでも帯状疱疹の診療はしております。
神経痛の薬物療法も可能ですし、ペインクリニックへの紹介もしております。

コメント(0)


お気軽にコメントをお寄せくださいね。

コメントを投稿


トラックバックURL

トラックバックURL:http://cl-tanaka.com/topics/kansen/%e5%b8%af%e7%8a%b6%e7%96%b1%e7%96%b9.html/trackback


コメントRSSフィード

コメントフィード

ページの一番上に戻る